ほんとに備忘録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

『思春期の子のこころがわからなくなったときに読む本(10代の子どもと親の”子育て”)』

 広告 

 

 

思春期の子のこころがわからなくなったときに読む本

 

娘にもいつか思春期が訪れます。

「子のこころがわからなくなったとき」は戸惑うこともあるでしょうね。

そんな時に備えて読んでみたいと思う本です。

 

生活クラブ「本の花束」より、本の紹介文です。

思春期の子どもたちに寄り添うために

思春期の子育ては順風満帆にはいかないもの。

難しく激しい、思春期の嵐をどう乗り越えて過ごしていくか?

親はどうあるべきなのか?

著者が説く言葉は解決への大きな手掛かりとなります。

うなずきながら本書を読み、ストンと腑に落ちて母親として一皮むけ、笑顔も増えました。

親子の絆をさらに強くし、子が巣立つ前の最後の時期をかけがえのないものにするためにも一読をお勧めします。

 

思春期の子のこころがわからなくなったときに読む本
渡辺久子
カンゼン (2015-10-07)
売り上げランキング: 52,009